top of page

インハウスマーケティング[コラム]

ウェブガクTOP  > インハウスマーケティング[コラム]一覧

中小企業の生き残り戦略はインハウスマーケティングがポイント

激しい競争環境の中、中小企業がとるべき新たな戦略としてインハウスマーケティングが注目を集めています。コスト削減と効果的なブランディングの両立、迅速な意思決定、顧客との関係強化などのメリットを探ります。人材育成やデータ活用など、成功のための具体的なアプローチも紹介。デジタル時代における中小企業の持続可能な成長の道筋を考察します。

「2025年の崖」を克服するヒントはマーケティングを内製化することだった!

多くの日本企業が直面する「2025年の崖」。このデジタル化の波に乗り遅れないためには、どのような対策が必要なのでしょうか。本記事では、その解決策の一つとして注目を集める「マーケティングの内製化」に焦点を当てます。コスト削減だけでなく、自社の強みを最大限に活かすことができるマーケティング内製化。その具体的な方法と成功事例を紹介しながら、2025年以降も持続的に成長できるビジネスの在り方を探ります。

大幅コストダウン!ランディングページは内製化した方がいい理由

ランディングページ(LP)は、オンラインマーケティングの要となる重要なツールです。多くの企業が外部委託でLPを制作していますが、実は内製化することで大幅なコストダウンが可能になります。さらに、スピーディーな対応やブランド価値の反映、データ駆動型の改善など、様々なメリットが得られます。本コラムでは、LPを内製化すべき理由と、そのメリットについて詳しく解説していきます。

新卒採用者はまずマーケティングさせた方がいい理由

新卒社員の配属先を決める際、経理や人事などの管理部門に配属するケースが多いようですが、マーケティング部門に配属するメリットは大きいと考えられます。マーケティングは企業の「武器」であり、新人教育の場としても最適です。

企業TikTokでのフォロワーの増やし方とは?

ソーシャルメディアの活用は現代のマーケティングにおいて欠かせません。その中でも、TikTokは若年層を中心に爆発的な人気を博しています。企業がTikTokでフォロワーを増やすことは、ブランド認知度向上やリーチ拡大に大きく貢献します。本記事では、マーケティング内製化の観点からTikTokフォロワー獲得の極意をご紹介します。

企業YouTube登録者の増やし方とは?

SNSの活用が企業にとって重要になる中、YouTubeも企業の有力なプロモーションツールとなっています。しかし、登録者を増やすのは簡単なことではありません。本記事では、YouTubeで企業の認知度を高め、登録者数を伸ばすための戦略をご紹介します。

企業Instagramでのフォロワーの増やし方とは?

Instagramは企業のビジュアルマーケティングに欠かせないプラットフォームです。しかし、Instagramでフォロワーを増やすのは決して簡単ではありません。ここでは内製マーケティングの視点から、Instagramフォロワー獲得の秘訣をご紹介します。

企業X(旧Twitter)フォロワーの増やし方とは?

Xの企業アカウントのフォロワー数は企業のプレゼンスを示す重要な指標です。しかし、Xのフォロワーを増やすのは意外と難しいものです。ここでは内製マーケティングの観点から、フォロワー獲得の秘訣をご紹介します。

TikTokの企業アカウントを内製化する方法

ソーシャルメディアマーケティングはデジタル時代の必須要件となっています。TikTokは若年層を中心に爆発的な人気を博しており、企業のマーケティング活動にとっても重要なプラットフォームとなっています。しかし、TikTokのコンテンツ制作を外部に委託するコストは高額になる可能性があります。そこで、企業がTikTok公式アカウントを内製化することで、コストを削減しながら効果的なソーシャルメディアマーケティングを実現する方法をご紹介します。

YouTubeの企業アカウントを内製化する方法

YouTubeはマーケティングの強力な武器です。しかし、外注に頼るとコストがかさむ上、内容をコントロールしづらくなります。そこで、YouTubeの企業アカウントを内製化することで、コストを抑え、コンテンツの質を高められます。

Instagramの企業アカウントを内製化する方法

Instagramは、企業にとってブランド認知度を高め、顧客と直接コミュニケーションを取るための強力なツールです。しかし、外部のエージェンシーに依頼するのではなく、内製化することでコスト削減や迅速な対応が可能になります。本記事では、Instagramの企業アカウントを内製化する方法について詳しく解説します。

X(旧Twitter)の企業アカウントを内製化する方法

現代の企業にとって、ソーシャルメディアの活用は避けて通れない重要なマーケティング手法です。その中でも、X(旧Twitter)は、リアルタイムでの情報発信と顧客との直接的なコミュニケーションが可能なプラットフォームとして特に注目されています。外部のエージェンシーに依頼することなく、自社でこの運用を行うことには多くの利点があります。この記事では、企業がXのアカウントを内製化する方法について、具体的なステップとともに解説します。

bottom of page