top of page

インハウスマーケティング[コラム]

ウェブガクTOP  > インハウスマーケティング[コラム]詳細

2023年11月6日

ランディングページ内製化のための実践ガイド

ランディングページは、ネット集客において非常に重要な役割を果たします。Web訪問者の着地ページとして中心的なツールであり、商品の販売、リード獲得、メールリストへの登録、情報提供など様々な目的で使用されます。ランディングページが効果的でない場合、コストを無駄にし、ビジネスの成果に悪影響を及ぼす可能性があります。このようなランディングページですが、制作においては専門的な会社にアウトソース(外部委託)することが一般的です。しかし、ABテストなどを繰り返していく必要があるランディングページはアウトソースするよりも社内で内製化することの方がメリット多くなります。本記事ではランディングページを内製化するメリットから内製化する方法まで詳しく解説します。



目次:---------------------------------------------------------------

1.ランディングページ内製化のメリット

2.ランディングページ内製化のステップと注意点

3.ランディングページ内製化のためのツール

4.まとめ

-----------------------------------------------------------------------



1.ランディングページ内製化のメリット


まずはランディングページをアウトソース(外部委託)するよりも、内製化(インハウス化)するメリットについて紹介します。



①コスト削減:

長期的には外部委託に比べてコストが抑えられます。継続的な更新や改善が必要な場合、外注するよりもコストパフォーマンスが良くなります。


②柔軟性と迅速性:

社内での変更や更新が速やかにできるようになります。ビジネスや市場の状況に応じて対応できるようになります。


③完全なコントロール:

デザインやコンテンツを完全にコントロールできます。ブランディングを統一しやすくなり、企業の方針に即座に変更ができます。


④データと知見の洞察:

解析アクセスやユーザーの行動分析を内部化することで、貴重なデータを社内でできます。そのデータをベースに、より効果的なマーケティング戦略を練ることができます。


⑤スキルアップと知識の内部共有:

社員のスキルセットを高め、社内のナレッジベースとして機能します。専門知識や技術を社内に置くことで、他のプロジェクトにも応用可能になります。


⑥セキュリティの向上:

社外に情報を出すために一時的に、情報漏洩のリスクを軽減できます。システムのセキュリティポリシーを自社で管理し、適切なセキュリティ対策を講じることができます。


⑦チームワークの向上:

プロジェクトに社員が協力して取り組むことで、チームとしての一体感が生まれます。目標に向かっての連携やコミュニケーションが活性化します。


⑧ブランド価値の向上:

継続性のあるブランド体験を提供することができ、ブランド認知度を高めます。ユーザーエクスペリエンスを磨き、差別化を図ることができます。



ただし、内製化するには適切な人材の確保や継続的なメンテナンス、技術のアップデートなどの継続的な努力が必要になります。必要があるが、初期のコストや時間がかかることも考慮する必要があります。メリットとコストを検討した上で、ランディングページ内化を検討しましょう。







2.ランディングページ内製化のステップと注意点




ランディングページの内化を成功させるためには、以下のステップと注意点があります。


目的の明確化:

最初に、ランディングページの目的を明確に定義しましょう。ランディングページが何を達成するためのものかを理解し、その目標に合わせて設計します。例えば、製品の販売、メールリストへの登録、情報提供などです。


ターゲットオーディエンスの理解:

ターゲットオーディエンスのニーズや好みを深く理解しましょう。どのようなメッセージや価値提案が彼らに訴求力を持つかを把握し、それに基づいてコンテンツとデザインをカスタマイズします。


コンテンツの作成:

強力なコピーライティングと魅力的な画像、ビデオなどを使用してコンテンツを作成します。訪問者に対して魅力的で説得力のあるメッセージを伝えることが重要です。また、クリアで明確なCTACall to Action)も用意しましょう。


デザインと開発:

ユーザーフレンドリーなデザインを構築し、ランディングページがモバイルフレンドリーであることを確認します。速度と使いやすさに焦点を当てましょう。また、ブランドの一貫性を維持するために、カラースキームやロゴを組み込みましょう。


テストと最適化:

ランディングページを定期的にテストし、データに基づいて最適化を行います。A/Bテストを実施して、異なる要素やバリエーションを比較し、改善の余地を見つけましょう。ユーザーフィードバックも活用してページを改善し続けましょう。



注意点:

シンプルさ: ランディングページはシンプルでわかりやすいデザインとコンテンツが効果的です。訪問者を混乱させないようにしましょう。過度な情報や要素を避けましょう。


モバイル最適化: ランディングページはモバイルデバイスにも対応していることが重要です。レスポンシブデザインを使用して、スマートフォンやタブレットからも簡単にアクセスできるようにしましょう。




ただし、これらを対応できるウェブ人材が必要となります。

しかし、そのような人材が社内には不在という企業も多いでしょう。ただ今の時代はウェブ知識がなくても制作できるツールがたくさん存在します。次の項目ではランディングページ内製化のためのツールをご紹介しますので、活用して内製化に一歩進めましょう。







3.ランディングページ内製化のためのツール


ランディングページの内製化をサポートするために、ウェブデザインやランディングページ作成に便利なツールやリソースを活用しましょう。例えば、WordPressWixのようなCMS(コンテンツ管理システム)や、CanvaAdobe XDのようなデザインツールまた、ウェブデザインのスキルを磨くためにオンラインコースやチュートリアルも利用しましょう。以下にランディングページを内製化するためのツールをご紹介します。



(1)   Wix


Wix(ウィックス)は世界中で利用されるドラッグ&ドロップのホームページ制作ツール。ノーコード型でhtmlやウェブリテラシーが高くない人でもランディングページを制作できる有益なツールで、無料から有料版まである。ホームページからランディングページまで自由に作ることができ、レイアウトからデザインまで幅広く自由度と汎用性が高いものとなっている。無料版は広告がでるため企業で対応する場合は有料版を使いましょう。|Wixの公式サイトはこちら




(2)   ペライチ


ペライチというサービス名の通り、1ページ完結型でサイトを作るのに最適なツール。Wix同様にドラッグ&ドロップで制作でき、プログラミングやデザインの知識不要で制作することができます。テンプレート枠に情報を入れていくことで簡単に制作することができますが、自由度は制限できるため、簡単なページを作る際に向いている。|ペライチの公式サイトはこちら



(3)   STUDIO


STUDIO(スタジオ)はノーコードでデザイン性の高いサイトができるためデザイナーなどのプロから支持されている制作ツールです。

メリットは、自由にデザインでき、写真や素材が豊富であること、無料ユーザーでも広告表示なしなどメリットも多いですが、htmlの知識がないと理解が大変という一般ユーザーにはちょっと難しいツールになるかもしれません。|STUDIOの公式サイトはこちら




このように各種ランディングページ制作ツールはたくさんあるため、ランディングページの内製化も楽になっています。





4.まとめ



ランディングページを内製化することは、カスタマイズ性、コスト削減、タイムリーな対応などのメリットを提供しますが、スキルと労力を要する作業でもあります。しかし、正しいアプローチとリソースを活用すれば、効果的なランディングページを作成し、ビジネスの成功に寄与できます。内製化は長期的な戦略の一部として検討する価値があるため、早めの対策をお勧めします。



 

ウェブガクでは、[ランディングページの内製化]のためのインハウス化の仕組み作り・チームづくり・人材育成など幅広く対応させて頂いてます。ランディングページの内製化への取組の際はウェブガクにご相談ください。

 





社長の気持ちが分かるウェブマーケティング「ウェブガク」
社長の気持ちが分かるウェブマーケティング「ウェブガク」

この記事を書いた人

 

ウェブガク|インハウスマーケティング編集部[ウェブガク教授]

1000社以上のWebマーケティングの現場を知り、900名以上のウェブ人材を育成した経験を以て、インハウスマーケティングの伝道師として、企業支援|SNS|動画|メルマガ|ウェビナー講師で幅広く情報を発信。インハウスマーケティングの基本的な考え方や最新情報、実践的なノウハウを求めるマーケター、ウェブ担当者、広報担当者、経営者向けに情報発信しています。

bottom of page