top of page

インハウスマーケティング[コラム]

ウェブガクTOP  > インハウスマーケティング[コラム]詳細

2024年2月7日

社内でマーケティング部門をうまく立ち上げる方法

社内でマーケティング部門をうまく立ち上げる方法

マーケティングは、企業の成功に不可欠な要素です。効果的なマーケティング戦略を実行するためには、まず強力なマーケティング部門の構築が必要です。この記事では、社内でマーケティング部門をうまく立ち上げる方法について探ります。


目次:---------------------------------------------------------------

  1. まとめ

    ---------------------------------------------------------------


1.部門のビジョンと目標の明確化


マーケティング部門立ち上げの基礎

マーケティング部門の立ち上げにおいて、「部門のビジョンと目標の明確化」は、成功への道のりを定める上で不可欠なステップです。このプロセスは、部門が目指すべき方向性を示し、具体的な成果を定義することにより、チーム全体が一貫した目標に向かって努力できるようにします。ビジョンは、マーケティング活動を通じて達成しようとする長期的な絵図であり、企業の全体的な戦略に沿ったものでなければなりません。一方で、目標はビジョンを実現するための段階的なステップを示すもので、具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、時間的な制約を持つものであるべきです。


マーケティングビジョンの策定

マーケティング部門のビジョンを設定する際には、市場のニーズや顧客の期待、競合他社との差別化ポイントを考慮に入れることが重要です。これにより、部門が目指すべき将来像を明確にし、そこから具体的な目標を導き出すことができます。例えば、特定の市場セグメントでのリーダーシップの確立、ブランド認知度の向上、顧客エンゲージメントの強化などが、マーケティング部門のビジョンの例です。


マーケティング目標設定

目標の設定には、セールス増加率、ウェブサイトのトラフィック、リード生成数、ソーシャルメディアでのフォロワー数増加など、具体的なKPI(重要業績評価指標)を設定することが含まれます。これらのKPIは、マーケティング活動の効果を定量的に測定するための基準となり、部門の進捗を定期的に評価し、必要に応じて戦略を調整するためのガイドラインを提供します。


ビジョンと目標の共有

ビジョンと目標の明確化は、単に目標を設定すること以上の意味を持ちます。それは、マーケティングチームが組織全体の目標にどのように貢献しているかを理解し、モチベーションを高めることを目的としています。チームメンバーが共通のビジョンに向かって一丸となり、それぞれが担当する活動が全体の目標達成にどのように寄与しているかを明確に認識することで、効率的で意義のある作業を行うことが可能になります。


結論として、マーケティング部門の立ち上げにおいて「部門のビジョンと目標の明確化」は、戦略的な方向性を設定し、成功への道筋を描く上で欠かせない要素です。このプロセスを通じて、チームは組織全体の目標に貢献しながら、マーケティングの世界での競争力を高めるための具体的な行動計画を立てることができます。



2.適切なチームの構築


■マーケティングチーム構築の基礎

マーケティング部門の立ち上げにおいて、適切なチームの構築はその成功の鍵を握ります。チームがうまく機能するためには、多様なスキルセットと経験を持つメンバーを揃える必要があります。この過程では、個々の役割と責任を明確にし、チーム全体が一貫した目標に向かって効率的に作業できるようにすることが重要です。


部門機能に応じたスキルセットの組み合わせ

マーケティング部門には、戦略立案、コンテンツ制作、デジタルマーケティング、ソーシャルメディア管理、データ分析、顧客関係管理(CRM)など、さまざまな機能が含まれます。それぞれの機能は異なるスキルセットを要求し、成功のためにはこれらのスキルセットをバランス良く組み合わせる必要があります。例えば、クリエイティブなコンテンツ制作者やデザイナー、SEOSEMの専門知識を持つデジタルマーケティング担当者、データ分析のエキスパート、顧客エンゲージメントを高めるためのソーシャルメディアマネージャーなどが必要になるでしょう。


■チーム文化と価値観の一致

チームメンバーを選ぶ際には、単に技術的なスキルだけでなく、部門の文化や価値観に合致するかどうかも考慮する必要があります。部門のビジョンに共感し、チームワークを重視する人材を選定することで、メンバー間の協力とコミュニケーションがスムーズになり、より効果的なマーケティング活動が展開できます。


■リーダーシップの重要性

チーム構築の過程では、リーダーシップの役割も非常に重要です。効果的なリーダーは、チームメンバーの能力を最大限に引き出し、各メンバーのスキルと強みを活かしながら、部門の目標達成に導くことができます。リーダーはまた、チーム内のコミュニケーションを促進し、メンバー間の衝突を管理し、モチベーションを維持する責任も持ちます。


■継続的な教育と成長の促進

成功するマーケティングチームの構築は、適切な人材の選定から始まりますが、それだけでは十分ではありません。チームが一丸となって働けるような環境を整え、継続的な教育と成長の機会を提供することも重要です。定期的なトレーニングやワークショップを通じて、チームメンバーのスキルを更新し、新しいマーケティング手法やテクノロジーに対応できるようにする必要があります。


最終的に、適切なチームの構築は、個々のメンバーの能力を超えた成果を生み出すための協力とシナジーに依存します。チームの多様性、コミュニケーション、リーダーシップ、継続的な学習と成長の機会が組み合わさることで、マーケティング部門はその潜在能力を最大限に発揮し、組織全体の成功に貢献できるのです。



3.マーケティング戦略の策定


■マーケティング戦略策定の重要性

マーケティング部門の立ち上げにおいて、戦略の策定はその核心をなすプロセスです。成功への道を切り開くためには、企業の目指す方向性を明確にし、市場のニーズに応え、競合と差別化できる独自の価値提案を設計することが求められます。このプロセスでは、市場分析、ターゲット顧客の特定、ポジショニング、戦略の実行計画の策定など、多岐にわたる要素が組み合わさっています。


■市場分析の役割と手法

最初のステップとして、市場分析が行われます。これには業界のトレンド、顧客の行動パターン、競合の戦略など、幅広い情報収集と分析が含まれます。情報収集の方法としては、SWOT分析(強み、弱み、機会、脅威の分析)やPEST分析(政治、経済、社会、技術の分析)などのフレームワークが用いられることが一般的です。これらの分析を通じて、市場の機会とリスクを明確にし、戦略の方向性を決定します。


■ターゲット顧客の特定と理解の深化

ターゲット顧客の特定は、マーケティング戦略の中核をなす部分です。顧客セグメンテーションを行い、具体的なターゲット市場を定義します。ターゲット顧客のニーズ、欲求、行動特性を深く理解することで、より効果的なコミュニケーション戦略を構築できます。ターゲット顧客に対してどのように価値を提供するか、その方法を明確にすることが重要です。


■ポジショニング戦略の策定

ポジショニングの戦略では、競合との差別化をどのように図るかを決定します。独自の価値提案を通じて、顧客の心に強い印象を残し、ブランドの地位を確立することが目的です。これには、製品やサービスのユニークな特徴、顧客にとってのメリット、ブランドのパーソナリティを明確に表現することが含まれます。


■戦略実行計画の策定

最後に、戦略の実行計画を策定します。これは、具体的なマーケティングミックス(製品、価格、プレイス、プロモーション)の選定や、キャンペーンの計画、予算配分、実行スケジュールの設定など、戦略を具体化する過程です。効果的な実行計画は、目標達成に向けた道筋を示し、チーム全体が一貫した方向性で取り組めるようにします。


■マーケティング戦略の成功要因

マーケティング戦略の策定は、絶えず変化する市場環境に適応し、企業の成長を促進するための重要な手段です。戦略が成功するかどうかは、市場と顧客への深い理解、競合との差別化、そして柔軟で実行可能な計画にかかっています。このプロセスを通じて、マーケティング部門は企業のビジョンを具現化し、市場での競争優位性を確立することができるのです。



4.成果の測定と調整


■成果測定と調整の重要性

マーケティング部門の立ち上げ後、成果の測定と調整は継続的な成功への道を切り開くために不可欠なプロセスです。この段階では、施策の効果を定量的に評価し、目標達成に向けた戦略の最適化を図ります。成果測定の目的は、投資対効果(ROI)の最大化と、マーケティング活動のパフォーマンス向上にあります。


KPI設定の前提

成果の測定には、明確なKPI(重要業績評価指標)の設定が前提となります。これには、リード獲得数、ウェブサイトのトラフィック、コンバージョン率、顧客獲得コスト、顧客生涯価値など、ビジネス目標と直接関連する指標が含まれます。これらのKPIを通じて、マーケティング活動が企業の成長にどのように貢献しているかを具体的に理解することができます。


■測定ツールの活用

測定には、様々なツールやプラットフォームが活用されます。Google AnalyticsCRMソフトウェアなどのデジタルツールを用いて、ウェブサイトの訪問者行動や顧客のエンゲージメントを追跡し、データ駆動型の意思決定を支援します。また、ソーシャルメディア分析ツールを使用して、ブランドへの言及や感情をモニタリングし、キャンペーンの社会的影響を評価することも重要です。


■データに基づく戦略の調整

成果の調整は、測定したデータを基に行われます。データ分析を通じて得られた洞察を活用し、マーケティング戦略の微調整や、必要に応じて大幅な方針転換を行います。例えば、特定のキャンペーンが期待通りの成果を上げていない場合、ターゲットオーディエンス、メッセージング、チャネル戦略の見直しが必要になるかもしれません。また、成功している戦略はさらに強化し、他のマーケティング活動にもその成功要因を適用することができます。


■組織間のデータ共有とコミュニケーション

効果的な成果の測定と調整には、組織全体でのデータ共有とコミュニケーションが欠かせません。マーケティングチームだけでなく、営業、製品開発、カスタマーサービスなど、他の部門との連携を深めることで、組織全体の目標達成に寄与する統合的なアプローチを実現できます。最終的に、成果の測定と調整プロセスは、マーケティング部門が持続可能な成長と競争力を維持するための基盤となります。

5.まとめ


マーケティング部門の立ち上げは、明確なビジョンと目標の設定から始まります。この初期段階で定めた方針は、チームが一貫した目的に向かって努力するための基盤となり、市場のニーズや顧客の期待を満たすために必要な方向性を示します。適切なチームの構築は、成功を収めるために不可欠であり、異なるスキルセットを持つメンバーが集まり、共有されたビジョンに向かって効率的に作業することが求められます。部門文化や価値観に合った人材の選定は、チームの協力とコミュニケーションを促進します。


戦略の策定は、企業の目指す方向性を市場のニーズに応える形で具現化し、競合との差別化を図るための独自の価値提案を設計するプロセスです。市場分析、ターゲット顧客の特定、ポジショニング、そして実行計画の策定を含むこのプロセスは、マーケティング活動が企業成長に貢献するための基盤を築きます。戦略が成功するかは、市場への深い理解、差別化されたアプローチ、そして柔軟で実行可能な計画に依存します。


成果の測定と調整は、マーケティング部門が立ち上げられた後に不可欠なステップです。明確なKPIを設定し、様々なツールやプラットフォームを活用してデータを収集・分析することで、施策の効果を定量的に評価し、戦略を最適化します。成果の調整は、測定データに基づいて行われ、必要に応じて戦略の微調整や大幅な方針転換を含みます。組織全体でのデータ共有とコミュニケーションを通じて、チームだけでなく、営業、製品開発、カスタマーサービスなど他部門とも連携を深め、組織全体の目標達成に貢献する統合的なアプローチを実現します。これにより、マーケティング部門は持続可能な成長と競争力の維持を図ることができます。


 

ウェブガクでは、多くの企業の[インハウスマーケティング]支援実績があり、仕組み作り・チームづくり・人材育成などのメソッドがあります。インハウスマーケティングの取組の際はウェブガクにご相談ください。ウェブガクでのマーケティング支援実績はこちら

 


社長の気持ちが分かるウェブマーケティング「ウェブガク」
社長の気持ちが分かるウェブマーケティング「ウェブガク」

この記事を書いた人

 

ウェブガク|インハウスマーケティング編集部[ウェブガク教授]

1000社以上のWebマーケティングの現場を知り、900名以上のウェブ人材を育成した経験を以て、インハウスマーケティングの伝道師として、企業支援|SNS|動画|メルマガ|ウェビナー講師で幅広く情報を発信。インハウスマーケティングの基本的な考え方や最新情報、実践的なノウハウを求めるマーケター、ウェブ担当者、広報担当者、経営者向けに情報発信しています。

bottom of page