導入ウェブコンサルティング

導入ウェブコンサルティングはどこまでのことをしてもらえる?

ウェブコンサルティングには、導入ウェブコンサルティングと運用ウェブコンサルティングがあります。

導入ウェブコンサルティングは、「ウェブ戦略」の立案と監視を行うことが主たるコンサルティングで、運用ウェブコンサルティングは、「ウェブ戦略」に基づく実行と管理となります。

 

運用ウェブコンサルティングはウェブマーケティングと言い方をされる場合もあります。世間一般的には運用ウェブコンサルティングの方が知名度がありますが、実は導入ウェブコンサルティングの方が重要なのです。

では、「ウェブ戦略」の立案を行うために導入ウェブコンサルティングではどこまでのことを対応してもらえるのか?

​以下にその流れとアウトプットをご紹介したいと思います。

導入ウェブコンサルティングフェーズは調査分析による【根拠】をあぶりだす。

上記の図のように[コンサルティングフェーズ]で【ウェブ戦略およびウェブサイトやSNSの設計】を行うことで

[制作フェーズ]や[運用フェーズ]に移行しても一気通貫の対応が可能となります。一般的なウェブ制作の場合、

[コンサルフェーズ]がないため、[制作フェーズ]に入ってから一つ一つやり取りしながら内容を決めていきます。

そのため、クライアントと制作会社でのやり取りや認識の祖語が生まれて、納期やコストが想定以上となるケースが多く存在ます。[導入ウェブコンサルティング]を行うことでそう言ったデメリットを回避することができるのです。

[導入ウェブコンサルティング]はそういったメリットも多くありますが、そもそもはクライアントの[ウェブ戦略]を踏まえた目的達成のための計画立案となるため、3C分析(自社・競合・顧客)概念による、自社サイト調査、競合サイト調査、キーワードマーケティング調査により、クライアント毎の方向性を見出すための【根拠】をあぶりだすところから始まります。

それらをクライアントにアウトプットする手法はウェブコンサルティング会社ごと異なりますが、ウェブの素人でも理解でき、クライアントがやるべきことや可能性を明確にする報告書が提出されます。

ウェブコンサルティングNODASTAGEの場合、ウェブコンサルティング報告以外にも[制作フェーズ]まで踏み込んだワイヤーフレーム作成作成やラフ案作成までご要望に合わせて対応させて頂くことが可能となっています。

これにより、【あとは制作会社に渡してもズレが生じない】ことが可能となり、導入ウェブコンサルティングで立案された【ウェブ戦略】通りを実現することができるのです。

導入ウェブコンサルティングフェーズは調査分析のため、3~4週間かかる。

ウェブコンサルティング会社によって、導入ウェブコンサルティングの期間は異なりますが、しっかり調査分析を行い、設計まで対応すると1か月程度はかかります。ウェブコンサルティングNODASTAGEの場合は、報告レポートは

2~30ページにも渡り、運用設計まで行います。

こちらのページをご覧の方はこれらのページにも興味を持たれています。