ウェブコンサルティングとウェブマーケティングの違い


ウェブコンサルティングとウェブマーケティングの明確な違いとは?


ウェブコンサルティングは、企業のウェブの問題に対して、全体的に調査・分析をしたうえで解決策を提示します。企業から「商品を売りたい」といった要望があった場合、どのようにしたら売れるかを提示することもありますが、根本的に売る必要があるのか、なぜその商品を製作するのか、まで考えることがウェブコンサルティングです。

 対してウェブマーケティングは、企業のウェブの問題を解決する策を提示し、どうすれば目標達成ができるか、を考えるものです。「商品を売りたい」といった要望がこちらであった場合には、調査・分析したうえで、どのようにすれば売れるかを考え、目標へ近づくために発生している問題点を如何に解決するかを提示します。


ウェブコンサルティングとは、

「ウェブ」の問題に対して、コンサルタントが経営者の視点を持って解決策を提示することを指します。はじめに、ホームページの現状や競合他社の調査などをし、根本的な問題点を洗い出します。その後、浮き出た問題点をどう解決するかを戦略的に打ち出していきます。例えばウェブを使った集客などが上手く進まなかった場合には、調査と分析をしたうえでその企業にとって最も効果的な方法を提示します。そのほか、「企業にとってそれが本当に必要なのか?」といった抜本的にも考えることも、ウェブコンサルティングに含まれます。



ウェブマーケティングとは、名の通りウェブを中心に行われるマーケティングで、ウェブサイトやウェブ上のサービスを用いて行われます。ウェブマーケティングでは、行った施策の結果を、全て数値として情報を得られるという点にあります。チラシのような紙媒体とは異なり、ウェブ上でのマーケティングになるため、どのような人がどこからサイトに来て、どのページを見て、何秒滞在したか、なども細かく知ることができます。マーケティングの手法はSEO対策やリスティング広告のほか、SNSも含まれます。ウェブマーケティングではこれらを使い分けて、企業の目標に向けての問題点を如何に解決するか、を提示します。



まとめ)


ウェブコンサルティングとウェブマーケティングは、明確な違いが分かりにくいものですが、行っていることは似て非なるものです。ウェブコンサルティングは、経営的視点で企業全体の問題をウェブから考えることであり、ウェブマーケティングは企業の目標に向けた活動の中で生じる問題を、多岐にわたる手法の中から如何に解決するかを考えます。企業は、これらの違いを踏まえたうえで、どちらに解決を依頼するかをしっかりと検討することが重要となります。









8回の閲覧

©2020 NODATAKUJI