ウェブコンサルティング会社は何をする?


ウェブコンサルティング会社って実はお得じゃない?


「ウェブ制作会社」と聞くと、ウェブサイトを制作する会社とすぐに答えが出ます。しかし、「ウェブコンサルティング会社」と聞くと何をしているかまでは答えが出にくいです。例えば、もっと集客したい、SEO対策したいと考えたとき、専門家に相談するかと思います。その時に活躍するのが、ウェブコンサルティング会社です。

ウェブに関することについて疎く、ウェブサイトが上手に活用できない、どのように運用すべきかわからない、そんな抽象的な悩みでも相談ができます。「そんなに丸投げしちゃっていいの?」と不安になるかもしれませんが、ウェブサイトはただ作成すれば集客の問題を解決できるわけではありません。その問題が何なのかをまずは解決する必要があります。どんなユーザーが見に来ているのか、なぜウェブサイトを見てもらえないのか‥‥などなど。

 難しいし高いお金を払うのは不安だな、と思われるかもしれません。そんなお客様の悩みを解決し、「結果」を出すのがウェブコンサルティング会社です。




具体的にウェブコンサルティング会社はどんなことをしているでしょうか。 1.ヒアリング 2.調査・分析 3.戦略立案・施策立案

4.実行・ウェブ制作




1.ヒアリング

まずはヒアリングです。ウェブの専門家として、ウェブサイトの現状況やウェブでやりたいことがあるお客様のご相談に、専門知識を持ったコンサルタントが対応しヒアリングをします。そして、次の調査・分析・戦略立案・施策立案の材料になります。

2. 調査・分析・戦略立案・施策立案 アクセス解析や、市場や競合他社の状況、SNSやコミュニティサイトを活用して顧客のニーズを把握するといった「3C分析」等で徹底的に調査を行ないます。ここが病院で言う「診断」です。

3.戦略立案・施策立案

2で行った、分析結果を基に戦略を立案します。お客様の状況によってペルソナなどを作成し、誰に対してどうアプローチしていくかなどの戦略を提案します。また、ウェブサイトをリニューアルする必要がある場合、ホームページコンテンツの内容、システム要件、ページ数まで明確にします。

4.実行・ウェブ制作

ここでやっと、制作会社への声掛けを行います。1~3を明確にした上で、課題と用件を伝え各社に提案・見積を求めます。



また、上記以外にも、結果を出す過程においてウェブの専門家と仕事を続けると、ウェブに関する知識やノウハウが伝授され、ウェブ担当者が自分たちで考え、工夫、実行をするまでになる可能性もあります。

ウェブサイトを作成する前に、わざわざ1~3の手順を踏む必要があるということは、ウェブサイト作成し、結果を出すことにおいて、その手順がどれだけ重要であるかが分かります。また、ウェブについての人材育成にもなり、結果に繋がると考えると、「高いかも…」と思っていたことが、お得に感じてきませんか?







5回の閲覧

©2020 NODATAKUJI