社長のための[Webマーケティング]の始め方①|〈ウェブガク〉30時限目:今さら聞けない、Webマーケティングとは?(定義付け)

今日から使える、これからの自分のため、仕事のために、学んで損はない【ウェブガク(Web学)】今さら聞けないけど、やっぱり知っておきたいウェブの色々なことをウェブ業界15年以上の講師NODASTAGEが分かりやすく講義していきます。



今も、そしてこれからも更に【企業のWeb活用】は必要不可欠になると思いますし、2020年、2021年の現在ではリアルの展開に様々な歯止めがかかてちるため、Web集客で如何に乗り切るか?向上させるか?はひとつの[経営課題]にもなっていると思います。 そうした時代背景も合わせて、経営者の方も【Webマーケティング】を理解することが重要であると考え、学びだしている方も多いことでしょう。 しかし、何から始めて、何をすればいいのか?で悩まれている方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回から[社長のためのWebマーケティングの始め方]ということで、経営者の方が自社のWebマーケティングを始める際のステップや注意点を講義していきます。第一回目の今回は[今さら聞けない、Webマーケティングとは?(定義付け)]をお伝えしていきます。




【本日のテーマ】 〈今さら聞けない、Webマーケティングとは?(定義付け)について〉



【ウェブ活用、Web集客】と一言でいっても、何をどうすればいいのか?が分からないと思いますし、そもそも何から始めればいいのか分からないと思います。 そんなお悩みの経営者の方は今回からの[社長のためのWebマーケティングの始め方]は大変参考になると思いますので、一つ一つゆっくり理解しながら講義を聞いてください。



では、 そもそも、Webマーケティングって何でしょう?




Webのマーケティングなので、Webを使ってマーケティングすることだとは分かると思います。しかし、今後講義をしていくにあたりしっかり理解していただきたいので、改めて【定義】を明確にしておきましょう。

「言われなくても、知ってるよ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これからのWebマーケティングの根本になりますので、最後までお付き合い願います。



まず、Webマーケティングの[Web(ウェブ)]から行きます。




【Web(ウェブ)とは?】 Web(ウェブ)とは、インターネット上の様々な情報(ウェブサイトやそれを構成する文字テキスト/画像/動画など)を連携させるシステムのことで、情報同士を結び付けるカタチが蜘蛛の巣のようにつながっているように思えるので、蜘蛛の巣を意味するWeb(ウェブ)と呼ばれるようになりました。Webはインターネットの一部ではありますが、一般的にWeb(ウェブ)はインターネットという意味でも使用されます。厳密に言うと、インターネットとWeb(ウェブ)は異なりますが、Webマーケティングを分かりやすく理解する定義として、ここでは【Web=インターネット上】とします。



Web(ウェブ)はインターネットと同じ意味として考えている人も多い方思いますが、厳密に言うとインターネットの中のひとつのシステムがWeb(ウェブ)で他にも電子メールやIP電話、仮想通貨の土台となるブロックチェーンなどのシステムがインターネットという情報通信技術の中に存在するということなのです。 しかし、Webを一般的に分かりやすく伝えるという意味で、今回はイコールで表現することとします。





では続いて、

Webマーケティングのマーケティングについて。




【マーケティングとは?】 「マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。(ウィキペディアより)」とWikipediaに記載されています。自社の商品/サービスの顧客になり得る可能性がある人が求める(もしくは顧客になり得る人が求めていると思われる商品/サービスを作るため)情報を調査し、その商品/サービスの情報を「知ってもらう」方法を模索し、顧客に届け、購入や導入してもらえるようにするための概念であり、経営哲学、戦略、仕組み、プロセスということです。


難しいですね…。もう少し整理してみましょう。





状況的には2つの企業に分かれます。

①商品やサービスが既にある企業 ②これから商品やサービスを開発しようとしている企業


①の場合は商品やサービスが既にあるためマーケティングの目的としては、[顧客開拓]についてとなるでしょう。自社の商品やサービスで課題を解決できるユーザーを探し、その人達に情報を届けること。ユーザーが求めているものが自社の商品やサービスにおいて、薄い場合は改善や改修をするか、作り直すということもマーケティングデータから検討することにもなります。

②の場合は売れる商品やサービスを【ユーザー視点】で作るところから始まり、常にユーザー視点で情報を届け、ユーザーにとって効果的で求められ続けるためにマーケティングを行い、改善や改修をしていくということになります。 どちらも、【ユーザーに知ってもらい購入/導入】してもらえる方法や仕組みを作る、そして作る過程の哲学や戦略、プロセスも含めてマーケティングということですね。


では、この講義でのマーケティングは以下に定義付けたいと思います。



【マーケティングとは?】 自社の商品やサービスを将来の顧客(見込み客)に知ってもらい、購入や導入してもらう仕組みを作ること。また仕組み作りための調査分析、戦略立案、実行における結果の調査分析などのプロセス全般や部分的なこと。







【今さら聞けない、Webマーケティングとは?についてのまとめ】



いかがでしたか? 改めてWebマーケティングを整理し、以下のように定義付けしました。


【Webマーケティング】 Webマーケティングとは、インターネット上において、自社の商品やサービスを将来の顧客

(見込み客)に【知ってもらう】ためにユーザーニーズを調査分析し、Webにおいての戦略(Web戦略)を立案し、実行した結果を踏まえて再度調査分析をして、【売れる仕組み化】を作り続けること。


今後はこのWebマーケティングの定義で、社長のための[Webマーケティング]の始め方を講義していきたいと思います。


本日も受講、お疲れ様でした。 この学びを踏まえて、あなた自身のため、仕事のためにご活用いただければ幸いです。またウェブガクでは受講生の皆さんのビジネスの役に立つウェブ情報の無料配信も始めています。以下もご覧下さいね。