​惑わされない!

​肩書だけのウェブコンサルタント

[コンサルタントと名乗れば、コンサルタント]

コンサルティングやコンサルタントという肩書を聞けば、格が高そうというイメージを持つはず。

経営コンサルタント・営業コンサルタント・人事コンサルタント・ITコンサルタント・ウェブコンサルタントなど

いろいろなコンサルタントが存在します。

コンサルティングとは、[ある事柄について助言・指導を行う専門家。相談役(ウィキペディアより)]となっています。

各専門において、助言や指導を行っているなら、●●コンサルタントと名乗れば、今すぐコンサルタントとなる訳です。

​本来、営業とコンサルタントは似て非なるモノのはずですが、最近は肩書だけは同様になってきている傾向があるように感じます。

[肩書に惑わされないで!]

ウェブ関係においてウェブコンサルタントと名乗っている人でも、

​自社のサービスばかりを勧めてくる人は、そもそも相談や助言

ではないので、コンサルタントではありません。

また、[ホームページ制作]+[SEO対策]の話だけをされるのも

古いウェブコンサルタントの可能性が高いです。

​今の時代は、様々な施策や対策があります。相対的に見て、自社に何が適正なのかをコンサルティングしてくれる会社を選びましょう。

[本当のウェブコンサルティングとは?]

本当のウェブコンサルティングを行えるウェブコンサルタントとは、
 

(1)偏った知識や経験を持たず、ウェブ全体を踏まえて、調査分析からのウェブ戦略立案できる

(2)経営的発想を踏まえてウェブ戦略を立案できる

また、ウェブコンサルティングは[調査分析]から成り立つものですから、組織の場合、そのような部署があるかも重要です。

​以下動画に[ウェブコンサルティング]の概念を公開していますので、是非ご覧ください。

こちらのページをご覧の方はこれらのページにも興味を持たれています。