[VSEO対策]で結果がでる、

具体的対策方法を伝授。

[VSEO対策]Video Search Engine Optimization[動画SEO対策]ということで、YouTube SEO対策、動画検索エンジン最適化、VEO対策、動画SEO対策などさまざまな言い方がありますが、YouTube内での検索上位表示とGoogle自然検索においての動画での

上位表示ということで、今はまだ注目が少ないが、今後動画時代が到来した際には必ずどの企業も必要になる対策であり、

今のうちから先行投資すべき動画施策となります。

そして、で、VSEO対策ページにおいて[VSEO対策]実験検証を【VSEO対策】というキーワードで対策したところ、

YouTube内での検索上位表示とGoogleでの上位表示を実現することができたということをお伝えしました。

本ページでは、その具体的方法を解説しながら、[無料で一緒にできるVSEO対策]をお伝えしていこうと思っております。

今後、様々な情報メディアでも有料で情報発信される方もいらっしゃるかもしれませんが、無料でお伝えしていきたいと思います。

VSEO対策もSEO対策も一緒のロジックでは?!

まず、私がVSEO対策を考える時、思ったのがYouTubeはGoogleの傘下でYouTubeもGoogleの検索システムに近いはず!

ということを踏まえて、考えました。SEO対策をご存じの方なら、ご存じだとは思いますが、【内部対策と外部対策】がSEO対策の軸になります。それらを踏まえて、YouTubeでの動画アップ時をホームページを構築するときの対策内容に当てはめてみると。

[内部対策]
内部対策は検索エンジンに[自分はこういう動画]だよ!と伝える施策なので、基本自分でできる対策となります。
動画をアップする際に、動画の詳細設定の画面がありますので、そこの[タイトル/説明欄(ハッシュタグ)/タグ]の設定を行う。
◎上位表示させたいキーワードを決め、それを盛り込んだタイトル文
◎説明欄にもキーワードを盛り込んだ説明文
◎説明欄の中に#(ハッシュタグ)でキーワードを記載
◎タグ欄にキーワードを記載


 実際の内部対策のやり方は以下の動画にまとめていますのでご覧ください。

[外部対策]
外部対策は基本、[人からの評価]になるので、本来は操作できないし、操作してはいけない施策ではあります。
※これをやりすぎるとペナルティやスパム扱いになるのでご注意を
◎内部対策の際の[説明欄]に自分自身の動画紹介と動画のアドレスを記載
◎同様に狙いたいキーワードで上位表示している動画の紹介とアドレス記載
◎動画のコメント欄にたくさんのコメントを書いてもらえる
◎コメント欄に自分の動画の目次を記載(分と内容)
 例)10:05 [〇〇についてのまとめ]

 

また、YouTubeとGoogleの違いがある機能として、[ブラウジング機能]があります。
この機能は動画が再生される際に横に関連動画が並びますが、ここからの誘導が視聴アップにもつながるのです。
上記外部施策の[説明欄]に自分の紹介動画リンクとキーワードで上位に上がっている動画を紹介することで関連動画に出現する可能性を上げます。

以上がVSEO対策を行う施策になります。

但し、実験の結果、1つの動画にのみVSEO対策を行っても容易に上位表示されない可能性があります。

これもSEO対策に近いのですが、専門性や権威性、信頼性(E-A-T)の概念があります。

そのため、チャンネル自体がその専門チャンネルで、動画の数が多くあり
ある程度の期間運営されているチャンネルであることも評価になっていると思われます。

 

一過性で動画を上げても、ユーザーのためにならないということでしょう。

SEO対策同様に局所的な対策ではなく、ユーチューブチャンネルを育てていくという概念が必要となるということです。

 

そのため、今のうちから企業チャンネルを開設し、専門性や権威性、信頼性を踏まえた動画コンテンツを多く配信していくことこそ、今後の動画集客につながっていくのです。

こちらのページをご覧の方はこれらのページにも興味を持たれています。