ウェブ課題に[ウェブ主治医]

​自社の[ウェブ課題]を明確にするための

​【ウェブコンサルティング】という主治医

ウェブ課題は病気と同様に様々なウェブの症状や箇所があります。ウェブの[根本的問題]を見つけ出さなければ、解決できないのです。そのためにはあなたのウェブ全体のことを理解している【ウェブコンサルティング(主治医)】をパートナーにする必要があるのです。

なぜ、[根本的問題]を理解していないのに【オペ(手術)】ができる?

体の不調があるときは、痛みの箇所だけではなく、痛みの理由を踏まえて、施術するはず。

例えば、足が痛いとき、足自体のケガの場合は、そのケガを治療すれば治ります。しかし、足の痛みの原因が他にあるとすれば、その根本的問題の箇所を治療しなければ、痛みはいつまで経っても治りませんよね。

ウェブもそれと同様と考えましょう。

集客ができないからといって、【デザイン】を変えるというのは、安易すぎるのです。

ネット集客の場合も、入口の問題(ネット流入の問題)なのか、ホームページなどのオウンドメディア自体の問題なのかでも施策は大きく変わります。

歯が痛ければ、歯医者。

外的なケガならば、外科。

目に問題なら、眼科

どこに問題あるかわからないけど、何か体に不調があるなら【総合病院】で全体検査

ウェブも同様ですが、

ウェブ課題はクライアント側で明確な課題点が分からないというケースが大半です。

だから、

全体を踏まえて調査・分析をしてくれる【ウェブコンサルティング】を受けるべきなのです。

ウェブコンサルティングは【総合病院】のようなもので、原因を追究し、どの施策をすべきかを明確にしてくれる

ということなのです。

今のウェブ課題は、もう【ホームページ+SEO対策】は万能薬ではない、

依頼する企業も【ホームページ+SEO対策】という常識だけでは解決しない時代と認識すべきなのです。

​いつも状況を理解して[施策]を適切にコンサルティングしてくれる【主治医】

施術が終わった後も見守ってくれる[主治医]が運用ウェブコンサルティング

 

主治医がいるかいないかの大きな違いは、ずっと受診している主治医なら、アレルギーや特異体質など患者の状態を理解してくれます。またカルテにのらないような個人的な悩みや性格まで理解してくれていて安心な存在です。

​ウェブにおいても、会社の特異性や経営方針などを理解してくれて施策アドバイスしてくれるウェブの主治医がいれば安心だと思います。運用を一緒にしながら対応してくれるウェブコンサルティングが[運用ウェブコンサルティング]と言い、継続的な主治医として、寄り添ってくれることでしょう。

こちらのページをご覧の方はこれらのページにも興味を持たれています。